石垣島旅行の事前準備!
注意点・あると便利な持ち物リスト

【石垣島旅行を計画する前に知っておきたいこと】

石垣島旅行のベストシーズンはいつ?

海水浴はマスト!絶対泳ぎたい派の人

7月〜9月がおすすめ。

3月〜4月に海開きは行われるものの、まだ肌寒いので海水浴には少し早いです。気温的には5月中旬〜が海水浴シーズンという印象。ただ、八重山諸島は例年5月中旬〜6月中旬は梅雨の時期にあたるので、梅雨が明けた7月〜がベストシーズンだといえます。

価格重視!とにかく旅行代金を安く抑えたい派の人

10月〜4月がおすすめ。

海で泳ぐのが厳しくなる10月〜4月(※年末年始を除く)はオフシーズンにあたり、旅行代金が安くなります。とはいえ、オフシーズンでも、ウェットスーツ着用でダイビングやシュノーケリングはできるので、海で泳ぎたいのでなければ、この時期でも十分楽しめると思います。

石垣島から日帰りで行ける離島は?

石垣島から高速船で10〜30分以内で行ける竹富島、西表島、小浜島、黒島は、日帰り観光が可能です。波照間島、与那国島は石垣島から距離があるので、現地で1泊必要だと考えてください。

石垣島から他の離島へ行く場合、何泊すればいい?

離島観光を1ヵ所でも入れたいなら、少なくとも2泊3日は必要です。
各島の魅力を堪能するなら、丸一日かかるので、島の数に比例して滞在日数が増えると考えましょう。
少しずつたくさんの島を見て回りたいなら、各旅行会社が日帰りの離島めぐりツアーを用意しているので、検討してみると良いでしょう。

旅行の予定が台風と重なったらどうすればいい?

旅行出発日に台風が来そうな場合

台風接近のニュースを見て不安になる気持ちはわかりますが、旅行当日のフライト状況は大抵、出発時間のギリギリまで確定しないことが多いです。また、国内旅行においては、飛行機の進路に台風が直撃しない限りは、割と予定通りに飛びます。そのため、当日はとりあえず予定通りに空港へ向かうことが得策だといえます。

万が一、旅行前日や当日に便の欠航や遅延が決定した場合は、各航空会社または旅行会社で「予約変更(振り替え)」または「払い戻し」の手続きをすることができます。フライトの変更や払い戻しに関する費用などはかかりません。

旅行中に台風が来た場合

台風が来たら、石垣島内のお店や観光スポットの多くは閉鎖・休業します。オプショナルツアーやマリンアクティビティなど、室外で行われるサービスもほとんどが中止になり、代金は全額返金となります。
ただし、旅行会社やツアー会社の決定ではなく、自己判断でキャンセルする場合は、当然ながら各社規定のキャンセル料が発生しますのでご注意ください。

台風シーズンの7月〜9月頃に旅行を予定している場合は、旅行計画段階で台風が来た場合にも楽しめるようにプランを考えておくと良いでしょう。ホテル内でのスパ利用や室内での伝統工芸体験など、台風の影響を受けないお店やサービスもありますよ。

旅行最終日に出発空港や到着空港に台風が来そうな場合

帰りの便が台風によって遅延・欠航しそうな場合も、行きの便と同じく直前まで決まらないので、とりあえず空港へは向かいましょう。
もしも便の欠航が決まった場合、便の振り替えは早いもの順です。
多くの搭乗予定客が一斉にカウンターに集まり、次々と空席が埋まっていきますので、最終日の天気予報で大荒れが予想される場合には、時間にかなりの余裕をもって空港に行くことをおすすめします。旅行会社で航空券を手配している場合は、旅行会社に早めに電話をして振り替え手続きをお願いしておきましょう。

便が欠航になって、ホテルを延泊する必要が出てきた場合は、旅行会社に連絡、あるいはホテルに直接問い合わせても対応してもらえます。
ただし、どちらの場合も宿泊費は自己負担になります。

【石垣島旅行に持っていきたい持ち物リスト】

何かとお金を使ってしまう旅行。なるべく荷物は少なくしたいけれど、現地で無駄な出費が発生するのも避けたいところ。しっかりと事前準備をして、旅先で慌てないようにしたいですよね。
そこで、ここでは、石垣島旅行に持っていくと活躍する持ち物を挙げてみました!
同じ国内旅行でも、南の島ならではの旅の必需品というのがありますので、旅慣れている人も、念のためにチェックしておきましょう。

海あそびで使うもの

水着

夏の時期に石垣島旅行の予定がある人は持っていくと思いますが、3〜4月や9〜11月といった微妙な気温の時期でも、一応水着を持っていくと良いでしょう。石垣島は本州が肌寒くなってからでも意外と暖かい日があります。「もう寒いからさすがに海には入れないだろう」と、わざと持ってこなかった人たちが残念がっている声をよく聞きます。

ビーチサンダル

よく忘れてしまいがちな持ち物がビーチサンダル。忘れたら石垣島でももちろん買えますが、履きなれたものがあれば持っていきましょう。ビーチはサンゴや貝のかけらが痛いので、裸足では歩けません。

フェイスタオル

シュノーケリングツアーでは、「水着・タオル以外すべてレンタル可」「タオル有料レンタル」というところが意外と多いんです。バスタオルはかさばるけれど、フェイスタオル程度なら1枚持っていくと良いでしょう。

ネックストラップ付き防水ケース

離島の海ではコインロッカーがないことも多々あるので、海水浴の際に貴重品の管理に困ります。首から吊り下げられるビニールポーチを持っていると、現金やスマホを持ったまま海に入れるので重宝しますよ。

日焼け対策・常備薬

日焼け止めクリーム

石垣島の日差しはかなり強いので、SPF50のウォータープルーフ仕様のものがおすすめです。顔などの塗り直しにくい部分には、メイクの上から使えるスプレータイプの日焼け止めもあると安心です。

帽子

石垣島の観光地の中には、丘や展望台の上など、風が強い場所もありますので、帽子クリップをお持ちの方は合わせて持っていくと良いでしょう。
ちなみに帽子クリップは100均にも売っています。

サングラス

水面の反射はとても眩しいので、サングラスをお忘れなく。車の運転時にも重宝します。

日傘(晴雨兼用)

外を歩き回る観光の予定がある方は、折りたたみ式の晴雨兼用の日傘があると良いでしょう。

スキンケア化粧品

化粧水&乳液はたっぷりめに持っていくことをおすすめします。
日焼け対策をして日焼けは防げても、強い日差しを浴びるとお肌が乾燥してしまいます。
その日のうちに、しっかりと保湿をして、お肌へのダメージを防止しましょう。

酔い止め薬

離島間の移動やマリンアクティビティの際に船に乗ります。酔いやすい方は酔い止め薬を持っていきましょう。

虫除けスプレー

自然が多い場所には虫もたくさんいます。特に、離島では本州にいない種類の虫に刺されてしまう可能性もあります。西表島ジャングル探検や星空ウォッチングなどを予定している方は虫対策をしておきましょう。

1DAYコンタクトレンズ&眼鏡

シュノーケリングなどのマリンアクティビティの際には、コンタクトレンズは1日使い捨てのものにすることをおすすめします。水中ゴーグルの隙間から水が入って外れて紛失したり、水中のバクテリアがレンズに付着して眼病の原因になったりといった危険性があるからです。少し多めの数のレンズと、念のために眼鏡を持っていくと安心です。

その他

免許証&ETCカード

レンタカーを借りるなら忘れないようにしましょう!

ウェットティッシュ

石垣島ではテラス席でご飯を食べたり、海辺で飲食をする機会があるので、ウェットティッシュを常備しておきましょう。
飲食だけでなく、日焼け止めを塗ったあとに手を拭きたいときや、汗拭きシート代わりとしても使えるので便利です。

スマートフォン充電器

今や、カメラ以上にカメラの役割を担っているかもしれないスマホ。充電器も忘れず持っていきましょう。ちなみに、石垣島にも携帯の電波はちゃんと届きます。

腕時計

石垣島旅行の際には、念のために、電波時計以外の腕時計を着用しましょう。時計の種類によっては、本州から距離が遠く離れてしまうと電波を受信できず、時間設定が狂ってしまう場合があります。(※電波を受信できる場所にいけば、ちゃんと元に戻ります)

ヘアゴム、ヘアクリップ

髪の長い女性は、簡単に髪を束ねられるものを持っておくと便利です。
展望台や丘の上など、風の強いところでは髪の毛がぐちゃぐちゃになることが予想されますので、事前に束ねておきましょう。