730交差点にある「730記念碑」の意味とは?

石垣島の中心部、ユーグレナモールのそばにある交差点、「730交差点(ナナサンマルこうさてん)」。
島内の主要各地にアクセスする出発地点になるので、石垣島内では最も交通量が多い交差点です。
「730記念碑」は、この交差点の一角に建てられています。

「730」という数字には、沖縄の人々の深い思いが込められています。
1978年7月30日、この日の午前6時、石垣島を含め、沖縄県内の道路交通ルールが一斉に「左側通行」へと変わりました。

戦前の沖縄県は、日本の他の都道府県と同じように、人も自動車も左側通行でした。
しかし、1945年の沖縄戦終了直後に、沖縄の道路交通ルールはアメリカ軍によって右側通行に変更され、それ以来1978年7月29日まで、人は左側を、車は右側を通行するようになりました。
その後、1972年に沖縄がアメリカ合衆国から日本に返還され、6年後の1978年7月30日午前6時に、沖縄県内で一斉に日本ルールの左側通行に戻されました。

変更日前日の7月29日午後10時〜7月30日午前6時までの間、緊急車両などの特定の車両以外はすべての車両を通行禁止・駐車禁止とし、そのわずか8時間のうちに、全道路標識を入れ替えて、右側通行を実現できるように整備されました。
そして、7月30日午前6時ちょうど、消防署のサイレンと石垣港の船の汽笛の音を合図に、すべての道路が左側通行へと変わったのです。

「730記念碑」は、この大がかりな変更を無事に完了させ、大きな事故もなくスムーズに左側通行へ移行できたことを祝して立てられたものです。
観光客がショッピングで何気なく通り過ぎる交差点ですが、島の人々にとっては歴史的な瞬間が投影された大切な交差点なのです。