石垣島ってどんな島?面積や天候、適した服装など

日本の沖縄県に属する八重山列島のうちの一つ、石垣島。
面積は222.54km²、海岸線長は162.2kmです。県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い面積を所有しており、車で一周すると2〜3時間ほどかかります。人口は約4万7千人であり、八重山列島における政治・経済・教育・交通などの中心地とされています。

1年間の気候・服装

石垣島のある八重山地方は、日本で一番暖かい地域です。年間平均温度は東京よりも7.7℃高い24.4℃。さらに沖縄本島よりも1〜2℃気温が高く、海水浴ができる期間も少しだけ長くなっています。最も気温の低い1月でも最低気温は16.5℃程度。羽織るものがあれば気持ちよく過ごすことができます。

また、日の出は6:00〜7:30、日没は18:00〜19:30と、太陽の出ている時間帯が遅いのも特徴的です。

横にスクロールして閲覧できます。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温 18.6℃ 19.1℃ 20.8℃ 23.3℃ 25.7℃ 28.0℃ 29.5℃ 29.2℃ 27.9℃ 25.9℃ 23.2℃ 20.1℃
服装 羽織 半袖・半ズボン 長袖 羽織
海水浴 オフシーズン 海水浴シーズン オフシーズン

石垣島の梅雨

石垣島の梅雨は沖縄本島より1週間から10日ほど早く訪れ、主に5月中旬から6月にかけてがその時期となります。しかし、本土のようにしとしとと降る様子ではなく、スコールのようにザーと降ってパッと止むような明るい梅雨です。

台風が来る時期

沖縄や八重山列島の台風の発生数は他県よりも多く、年間降水量は2100.0mmほどで、東京の約1.3倍。7月中旬から9月の間は特に台風が多いため、この期間に観光を考えている方は要注意!しかし、1日〜2日ほどのうちに通り過ぎることが多く、過ぎ去った後はからっとした晴天が訪れます。

混雑する時期

観光客で特に賑わう時期はゴールデンウィーク・夏休み・お盆・9月の連休・年末年始といった長期休暇期間で、料金も割高になっています。
反して、上記の連休明けは料金も安く、混雑もしにくい傾向にあります。特に1月下旬、5月中旬、11月は最安値!

石垣島の年間イベント

せっかくの石垣島旅行!沖縄独自の歌と踊りはぜひとも直接見聞きしたいですよね。石垣島では、お盆の時期になるとアンガマやエイサー、獅子舞といった沖縄の伝統芸能を目にすることができます。

また、石垣島ではマラソン大会やトライアスロン大会など、スポーツのイベントも人気を誇っています。石垣島の美しい海と街中の両方を楽しめるようにルートが構成されており、沿道からの応援も盛ん。出場者と観客、みんなが楽しめるイベントです。

横にスクロールして閲覧できます。

開催時期 開催イベント
1月 石垣島マラソン大会
2月 十六日祭
3月 石垣島サンゴウィーク
海開き
浜下り(サニズ)
4月 石垣島トライアスロン大会
5月 ダイビングフェスタ石垣島 第1回
6月 ダイビングフェスタ石垣島 第2回
海神祭(ハーリー)
八重山の産業まつり
7月 オリオンビアフェスト
石垣港みなとまつり
8月 豊年祭(プーリィ)
旧盆(ソーロン)
イタシキバラ
南の星まつり
9月 結願祭
10月 石垣島アースライド
節祭(シチィ)
11月 石垣島まつり
12月 石垣島やきもの祭り